SDGsの取り組み

丸成林建設のSDGs宣言


丸成林建設は「確かな技術と真心で住み良い街づくり」という企業理念に基づき、国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」に賛同し、SDGsを自社の企業活動に取り入れ、建設工事を通じて持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

SDGsとは


持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年に国連加盟国全てが採択した持続可能な開発目標のことです。2030年までに貧困や飢餓、気候変動など世界の課題を解決し、持続可能な未来を実現するための共通の目標です。17の目標と169のターゲットからなり、地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っています。

ISO14001を取得し、工事現場では低騒音・低排出ガス対策型の建設機械を使用する等、環境負荷低減に取り組んでいます。

主な取り組み
  • G-クレジットの購入、啓発
  • 節電、節水
  • 緑化活動
  • アイドリングストップ
  • 排出ガス対策型重機機械を使用
  • 産業廃棄物の分別及び再利用の徹底
  • 環境に配慮した素材の使用

地域社会との連携を強化し、災害に強い地域づくりを行っています。道路や下水、橋などの地域のインフラを支え災害発生時には復旧作業を行います。

主な取り組み
  • 清掃活動
  • 道路、河川維持
  • 災害復旧

社員の健康と安全を第一に考え、年齢・性別問わず互いを尊重し合い、すべての社員が力を発揮できる職場づくりを目指します。

主な取り組み
  • 無事故、無災害
  • 快適トイレの設置
  • 有給休暇取得促進
  • 健康診断

資格取得や講習会参加にかかる費用を会社が全額負担することで社員の成長をサポートし、一人一人の資質向上につなげています。また、ISO9001の取得やICT技術の活用を積極的に行い、徹底した管理体制と作業の効率化により、高品質で信頼性の高い土木工事の施工を提供します。

主な取り組み
  • 各種講習や試験の費用全額会社負担
  • ISO9001の取得
  • ドローンやICT技術の活用
  • インターンシップ受入

G-クレジットの森・応援パートナーとして


G-クレジット制度とは、岐阜県独自の森林由来のカーボン・クレジット制度であり、岐阜県内の適切に管理された森林による二酸化炭素吸収量をクレジットとして県が認証する制度です。

G-クレジットの森・応援パートナーとして、クレジットの購入や普及啓発を積極的に行い、持続可能な社会づくりに貢献できるよう努めてまいります。